2月4日に工房のすぐそばで縁ちゃんと出会い
そのまま、縁ちゃんはエーーーンと泣きながら、
家族を探していました。

今日のいつものように、灯油の配達に来てくれたご夫婦が、縁ちゃんの里親になって下さりました。
縁ちゃんは自らの力で私の所で静養して
体力回復して
自らの希望で
マルマサ石油さんに行ったんだ。
そう思いながらも
子供が巣立つ時に喜びと寂しさ、そして、不安
などが飛び交う私の頭の中

縁ちゃんを信じよう
幸せになれるって