有終の美

ここで の最後の窯焚き

最高の焼き上がりにしたいってでも意識したら、失敗しそう

そんな事思いながらの最後の窯は、

色とりどりの上がりでした。

欲張ったり、焦ったりしたらダメよと窯じーから 言われたようだ。

有終の美ではなく、つづく。