土の器の取り扱い

土から作った器imageimageimage
私の器は、1245度まで、温度を上げて焼いています。

土の特性上、水の吸収性があります。

よって、匂いや汚れが器についてしまいます。

そこで、昔からのお手入れ方法として、知られている、

お米のとぎ汁で

器をぐつぐつと煮込んで、天然のコーティングをかけます。

そうすることにより、汚れ、匂いを吸収を抑え扱いやすくなり ます。

ぜひ、土の特徴をご理解いただき、

楽しんで、ご利用いただけたら、と、思います。
image