monsieurの投稿

知念の海

ここに来て5年
image
毎日、毎日この海をみて、海に助けられ、癒されて
この海が私を変えてくれたのかな。

小さな、小さな事が重なり、
変わっていく不思議。
変わりたいと望む不思議。

今日も自然に感謝image不思議に癒され不思議
image小さい、小さな不思議を楽しんで…

image

いつまで、ここにいれるかな。

ベンガラ染め

やちむんの絵付けにも使う馴染みのベンガラで染めの講習うけ、みんなで、染め体験をしました!image大豆の煮汁とベンガラ混ぜて使います。image

岡山から来たベンガラ師のカマちゃん!
ありがとうございました!image image imageimage 持ち寄りで食べるご飯はおいし〜image

子供のように

見たまま、感じたまま
隠す事ないそのままを、表現して生きていけたら、
image

image

imageアイス屋さん の川ちゃん

imageトッピングもいろいろ

image
美味しいアイスをたくさん食べました。

1月2日

沖縄本島で最高峰の与那覇岳に行って来ました!

image沖縄ならでは、熱帯植物が生い茂っていて
ワクワク🌿

imageimageimage
imageimageimageimageimageimageimage

2018年

落ちていくまるい月を見ながら始まった元旦
星がいっぱい。

太陽が上がって来るのを待ちわびimage

 

image

image

image

そして太陽が落ちるのをみとどけ

次に上がって来るまるい月を待つ

 

自然のリズムにあわせ
流れるように、
当たり前の様に、
でも当たり前ではなくて奇跡みたい事でもあり
それを、感じながら
日々を過ごしたい。
風が強く、寒いから、
穏やかな日の優しさに気付き
全てに、意味があっての事、

2018年

世界に

たくさんの良い事がおこりますように🙏

明日は満月。

2017年の終わりの日

imageゆっくりと窯詰めも終わり、
工房の掃除もして、
心の整理もして、来年の自分を描きあれや、これや、考えながらの大晦日
なぜだか、とても穏やかでした。

明日は、窯焚き

2017年終わり

たくさんの方々に支えられた一年でした。
感謝、感謝の一年でした。

来年もよろしくお願いいたします。

12月30

あれから一年がすぎ去年の今朝にロックンは自ら何度も何度も
心臓を止めようとして、、苦しんで、苦しんで、もう身体の中にはなんの水分もなく、
最後は緑の液体を出して、この世を去って行った。

本当は、明け方に私の膝の上で穏やかに、静かにゆっくりとあちらの世界に旅たっだのに、
心臓が止まってしまった時
私は、ロックンを起きて、起きて、行かないでと
心臓をさすってしまい、そしたら
ロックンは、噎せ返って、また生き返ったのです。
が、その後、ものすごい、苦しみ、心臓の狂った鼓動がバックン、バックン
大きな音を立ててる。
苦しさに耐えるロックンは、猫から、虎に返信したみたいに大きくなって、苦しみを耐えてる。

それを見てた、ロールが、私になんで行かせてやらないのだ、と
私を冷ややかな目で見てた。
私は、やってはいけない事をしてしまったと、
怖くなり、次の、お迎えの時が来るのを待っていた。
今度は、ロックンの心臓が早く止まってほしいって思った。
あまりの苦しむ姿を見てられず
ごめんね、次は引き止めないからねっ、早く行くんだよって言ってしまった。
その言葉のすぐ後に自殺行為を始めた。
何度も、何度も。

やめて、やめて、そんな事をするのやめてと言っても
ロックンはもう私の言葉を聞いてはいなかった。

何度もやって、やっと心臓が
大きな音たてて
カッ、ッカ、ッカッ..ッカと長い時間かけて
停まっていきました。
全て、見届け
ロックンを抱え、ごめんね、ごめんねと言ったら、また、起きてしまった。

そして、物凄い怒りの顔で私を睨み、ふざけるなと言ってるかのようだった。
そして、その後
またカッ 、ッカ、..ッカ..とンガーって目を見開いたまま、大きく口広げて
何か吐き出すように心臓が停まった。

もう、触る事はできなっかた、ただ、やっと終わったんだ。と
放心状態の私が、ポッツンと全ての力がなく
取り残されて、ロックンの前にいるだけになった。

ロックンにこんな壮絶な苦しみを与えてしまった。

あの日を私は忘れない。image

次の日31日の明け方
ロールが
ねずみを私の枕元においた、やだーって飛び起きそのねずみを見たら
心臓がカッ ッカ ッカ.ッカと脈うって止まってしまった。
え、なんで昨日のロックンと、全く同じ、なんでこんなのまた見ないといけないの、
と思ったらねずみは突然起きだして
そのまま、外に逃げって行った、
なぜか、猫が出入りする窓一目散に、
今迄、ロールは、ねずみを捕まえてきても、私の枕元に置く事もなかった、遊びのため捕まえてくる事はあった(枕元に置く事もあれからも一度もない)
そして、窓がどこにあるかわかってすぐ逃げれるねずみも、今迄もあれからもいない。

あの時、すぐわかった。
ロックンは、死んだ後は、元気に走り回っているから心配しないでと、ねずみになって、
言いに来たんだと。

あの時、私に力を貸してくれた友達に…
あの時は本当にありがとうございました。

今日の始まりの朝は優しい色だな。
幸せになれってロックンが、言ってるかな

クリスマスヨガ

二日間、首の痛みで仕事休み
今日は、だいぶ良くなってたので
今年最後のヨガに行ってきた。
週に一度、自分の安らぎのために
世界の平和を祈り
一年を振り返り
今年最後の合唱
今日に心から感謝
静かに仕事ができる、良いクリスマスだ。

image

やっちまった

昨日、夕方から首が重たく、でも、仕事に追われていて、
休むことなく、轆轤に向かっていた。

寝る時には首が痛くてほぼ、動かず、早めの就寝。
寝返りもやっとのこと、

今朝も、変わらず、
でもどうしてもの用事あって、昼間から夕方、行動。

今日も早めの就寝。

image

工房の畑の間引き小松菜をムシャムシャ食べて、ゆっくりおやすみ。
明日は治ってますように。

やっぱり、焦りは不必要💦

まだ知らない今日

久しぶりに太陽が朝からお仕事してくれるようだimage
(今日は仕事、はかどるかな…)

去年の事が私の心を痛くする。
いつもと同じと思っていた1日がいつもとはちがくなった
あの時と同じ空気感、景色
今日もまだ知らない日の始まり
image
太陽が顔出す前の色
image顔だしてすぐの色、同じ場所で少しの時間の違いでこんなに色が違う…

遅れ気味の仕事
でも、まだ知らない今日も明日だから
焦らずいこう。

12月の新月

去年の12月の新月の日に旅立ったロックンimage

ロックの事は、まだ思い出にならない。
いまだにロックへの思いが強くある。

だから、あの時の事が、まだまだ忘れられない。
ロックに会いたくて、会いたくて、会いたくて仕方ない。

この時期だけは、そうでいいとしよう。
image
ロックは、今どこで何してるのだろう。
死んでしまうと、どうなってしまうのだろう。

ロック、ロック、ごはんー

北窯

一年の最後の窯焚き後に大きな祭りをする
北窯image

image変わらない働き者の親方
ここがあって、今の私があるimage

思い出すことは、いっぱいいっぱいだって自分
足りない自分の行動を人のせいにする事ばかり。
わかっていても、わかれない日々
image

imageここには、仲間という存在がいる。

image

image

imageここで修行した事が私の財産であり、私を大人にしてくれました。
本当に宮城親方の工房、北窯で修行して良かった。
まだまだ、全てが未熟だけど…

今も、陶工募集していますよ!
おすすめです!

image

今でも、薪窯が欲しいと思う。

冬だけど

やっぱり沖縄は冬で寒い寒いといっても
この色image気温は低く風が強く寒いけど、
雲が切れた時の日差しの強さに、沖縄だなーって感じる。

image

工房に咲く美しいバラ

image3度目のバナナ、おーバナナ

image夕暮れ、薄い紫色の空に呼ばれて(*☻-☻*)

沖縄はいろまんちゃー